投稿日:2018.8.16 | 投稿者:蔵人

LINE Pay カード、LINEプリペイドカード、LINEポイントの違いとは?


今やほとんどの人が使っているメッセージアプリのLINE。

関連サービスの幅も広く、次々と新たな仕組みが登場するため、付いていくのも大変ですよね。

この記事では、とくに混乱する方が多いLINE Pay カード、LINEプリペイドカード、LINEポイントの3つについて、その違いを解説したいと思います。

上手に利用すればかなりの節約になるので、よく理解しておきましょう!

1.LINE pay カードとは

まずはLINE pay カードについて説明します。

LINE pay カードとは、LINEが発行するJCB提携プリペイドカードのこと。

事前にチャージした金額の範囲内であれば、全国のJCB加盟店で利用できます。

ネットでも実店舗でも使える便利なカードで、プリペイドのため使いすぎの心配もありません。

1-1.LINE pay カードは、LINE payの決済方法の1つ

じつはLINE pay カードは、「LINE pay」というLINE独自の決済サービスを使ったプリペイドカードです。

ですから、LINE pay カードを使うには、「LINE pay」という決済サービスに登録し、「LINE pay」の通帳に金額をチャージすることになります。

LINE payにチャージした金額は、LINE pay カードを使った決済はもちろん、他の複数の方法で使用することも可能。

たとえば、ローソンなどの「LINE pay加盟店」では、スマホに表示したQRコードやバーコードを読み取ってもらうことで支払いが完了します。

また、チャージした金額の中からLINEの友だちに送金したり、レストランなどで友だち同士で割り勘するという便利な使い方も。

LINE payを使って支払いができる場面は徐々に増えてきており、利用者も増えています。

LINE pay カードは、そんなLINE payの決済方法の1つであり、LINE pay残高の使い道を大きく広げてくれるカードと言えるでしょう。

1-2.LINE pay カードで決済すると、LINEポイントがもらえる

多くのクレジットカードには、決済金額に対してポイントが付くサービスがありますね。

LINE pay カードも同じで、カードを使って決済すると「LINEポイント」というポイントがもらえます。

(LINEポイントの使い方については後ほど詳しくご説明します。)

LINE payには、ポイント還元率が毎月変わる「マイカラー」という制度があります。

簡単に言えば、LINE payを多く使った人ほど還元率が良くなる制度で、最低で0.5%、最高で2%の還元率となります。

還元率にかかわる要素は、1か月間にLINE payで買い物した金額と、送金した人数です。

還元率2%になれば、多くのクレジットカードと比べても高い還元率となり、お得感がありますね。

2.LINEプリペイドカードとは

LINEプリペイドカードとは、「LINE STORE」での支払いに使えるプリペイドカードのこと。

上記のLINE pay カードとはまったくの別物で、注意が必要です。

LINEプリペイドカードは全国のJCB加盟店で使うことはできず、「LINE STORE」での支払いにしか使えないのです。

「LINE STORE」とは、LINEスタンプや着せかえ、LINE MUSICなどLINE独自の有料サービスを購入できるサイトのこと。

LINE STORE

コンビニ等でLINEプリペイドカードを購入し、「LINE STORE」で「LINEクレジット」にチャージ。その金額の範囲内で有料サービスを購入する、という流れになります。

もっとも、「LINE STORE」における支払い方法は、LINEプリペイドカードだけではありません。

クレジットカード決済やキャリア決済、LINE payでの決済も可能です。

LINEプリペイドカードとLINE pay カードは混同しやすいため、注意してくださいね!

3.LINEポイントとは

LINEポイントとは、LINEの関連サービスで幅広く使うことのできるポイント制度のこと。

LINEアプリのウォレットタブを開くと、「LINEポイント」のページに進むことができます。

LINEポイント

LINEポイントは、貯める方法も使う方法もたくさんあります。

貯め方の1つは、上記でご紹介したLINE payによる決済。会員ランクによって決済金額の0.5%~2%がもらえるということでしたね。

ほかにも、広告動画の視聴やクレジットカード発行などのミッションを行なうことにより、ポイントを稼ぐことができます。

たまったLINEポイントは、nanacoポイントやPontaポイントなど他社ポイントに交換可能。

また、ポイントをLINE payにチャージすれば、加盟店での支払いに使用できます。

LINE STOREで使うこともできるので、例えばLINEポイントをためて好きなスタンプを購入することができるわけです。

このように、LINEポイントはさまざまなLINEのサービスに共通するポイントであるため、うまく使えばかなりの節約になると思います。

ただし、LINEポイントの有効期限は、最後にポイントを獲得した日から180日間となっています。その点には注意しましょう!

【LINEポイントの賢い貯め方】LINE payとポイントサイトを上手に活用しよう!(2018年6月25日更新)

4.まとめ

LINE Pay カードとLINEプリペイドカードは、混同しがちですがまったくの別物でしたね。

LINEポイントは、LINEのサービス全体に共通する、使い勝手の良いポイントだということがわかりました。

それぞれの仕組みを理解し、連携して使うことにより、おトクで便利なLINEサービスを使いたいですね!

▼LINEポイントについてもっと知りたい方はこちらをご覧ください
LINEポイントに関する記事一覧

関連する記事

じゃらん20万ポイント山分け

ポイントのつぼ