投稿日:2017.12.18 | 投稿者:蔵人

Pontaに交換できるポイントサイトまとめ!直接交換ならGポイント一択!


「Ponta(ポンタ)」は、全国のPonta提携店やネットサービスで、利用金額に応じて「ためる」・「つかう」ことができる共通ポイントです。ローソンで使えることから人気のポイントですね。

この記事ではPontaに交換できるポイントサイトをご紹介します。と言っても直接Pontaに交換できるのは1つのサイトしかないのですが、間接的に交換する方法もあるので併せてご紹介したいと思います。

1.Pontaに直接交換できるポイントサイト

サイト名交換レート手数料交換完了
Gポイント100G→100P実質無料3~4日


Gポイントから交換


まずPontaに直接交換できるサイトですが、これはGポイントしかありません。

レートは100G→100Pとなっており、等価交換です。100円単位で交換できるのは嬉しいですね。


通常であれば交換手数料として交換Gポイントに応じて5%の手数料がかかるようになっていますが、手数料還元サービスを利用することで、実質無料で交換できるようになります。

初回利用時には利用登録が必要ですが、2回目以降は簡単に交換可能です。

Gポイントに登録する

2.リクルートポイントに交換できるポイントサイト

リクルートポイントとPontaポイントは同じ会社が運営しており互換性があります。そのため、ポイントサイトからリクルートポイントに交換した後、等価でPontaに交換することも可能なのです。

リクルートポイントに交換できるポイントサイトは以下のとおりです。


サイト名交換レート手数料交換完了
ポイントタウン2000P→100P無料1~2日
ドットマネー300P→300P無料5日
すぐたま1000P→500P100P14日


まだサイトに登録されていない方は、サイト名をクリックして会員登録してみてください。

それでは各サイトの特徴を見ていきましょう。

2-1.ポイントタウン

ポイントタウンではリクルートポイントへの等価交換が可能です。手数料もかからず交換日数も1日で済むため、使い勝手が良いと言えます。

ポイントタウンに登録する

2-2.ドットマネー

ドットマネーでも等価交換が可能ですが、交換日数が5日と長めであることに注意が必要です。

2-3.すぐたま

すぐたまは手数料が必要で、交換日数も14日と長いことから、あまりおすすめできません。

すぐたまに登録する

3.さらに他のポイントを経由する方法も?!

「ここまでの交換方法以外でどうしてもPontaに交換したい!」という人であれば、さらに他のポイントサービスを経由してPontaに交換していくことも可能です。

たとえば、「モッピー」→「ドットマネー」→「リクルートポイント」→「Ponta」という方法があります。

  • ドットマネー
  • PeX
  • Netmile

以上の3つのポイントはリクルートポイントへの交換が可能なので、最終的にPontaへの交換を実現できます。

いくつも経由する手続きが大変なので他の交換先を選んだほうが良い気もしますが、どうしてもという場合には検討しても良いかもしれません。

4.Pontaに交換する際の注意点

Pontaポイントへの交換手続きを行うにはPonta Web利用手続きが必要となります。

事前に手続きを済ませておきましょう。

5.まとめ

Pontaに直接交換可能であり、もっともお得に交換できるのはGポイントだけです。

Pontaが使える店舗・サービスは増えているので、Gポイントでポイントをたくさん稼いでPontaに交換していくと大きな節約に繋がるでしょう。

GポイントからPontaに交換する


Gポイントに登録する


▼Pontaをためたい方はこちらの記事もチェック!
Pontaに関する記事一覧

関連する記事

Google Play ギフトコードに交換できるポイントサイトまとめ!等価以上のお得サイトはどこ?!

ポイントのつぼ