投稿日:2017.4.4 | 投稿者:ハリボテたまご

てるみくらぶに学ぶ、安心できる旅行予約とは…!


安心旅行てるみでGO!クレジットカードの利用方法
いよいよ破産手続きに入った格安旅行会社てるみくらぶ。

既に海外に渡航してしまったツアー客は自力でホテルやチケットを手配するしかないというひどい対応。
てるみくらぶで購入した航空券で出国した旅行者は約2,500人いるとされていますが、せっかくの楽しい旅行が台無しというか、サバイバルに代わってしまっています。

さらに出かける前に現金でお金を支払ってしまった人は、現地にも行けぬまま完全なお金を取られ損という羽目に。。。

とはいえ、自分で一から旅行計画を立てるのはとても大変……

そんなあなたにクレジットカードのローンやリボでの旅行予約をおすすめします。

1.クレジットカードの旅行予約をおすすめする理由

クレジットカードでローン・リボ払いを行う場合、クレジットカード経由での支払先(購入元)に問題がある場合に、クレジットカード会社からの支払いを拒否してもらえる権利(抗弁権)というものがあります。

今回の「てるみくらぶのケース」でいうと旅行代金を支払った人がお金が引き落としされるのをストップさせることができる……場合があります。

抗弁権が適用される条件は下記三点となります。

  • クレジットカードで支払いをしていること
  • 分割払いやリボ払いを2ヶ月以上で設定していること
  • お金が引き落とされていないこと
(↑厳密には条件に含まれませんが、引き落とされているとほぼ返金対応は難しいそうです)

条件を満たしている場合、クレジットカード会社に電話して、支払いを停止・返金してもらうようにすぐに連絡をしましょう。

※クレジットカード会社によって対応は違うため、心配な方は旅行予約をする前に確認をしておきましょう。

2.そもそも抗弁権はどんなときに使えるの?

これ、何でも分割やリボで買ってれば無敵ジャン?……いいえ、そんなことはありません。

支払い停止の抗弁権は入した商品が届かなかったり、不良品や欠陥品であったなどの理由(抗弁事由)から販売店と消費者の間で問題が生じている場合、消費者はクレジット会社からの請求に対し、支払いを拒むことができる権利です。

そのため、ただのキャンセル感覚で抗弁権を使おうとしても適用されることはありません。

<一般的な抗弁事由>
●販売業者に債務不履行等があったとき
1 商品等の引き渡し(提供)がないとき
2 見本・カタログ等と違うとき
3 商品等に瑕疵があるとき
4 商品等の引き渡し(提供)が遅れたとき
5 商品等の販売(提供)の条件となっている役務の提供がないとき
6 その他販売業者に債務不履行があるとき
●契約が成立していない場合、無効又は取り消せるとき

詳しくはコチラ

3.現金支払いの場合は返金してもらえないの?

クレジットカード払いの場合であれば、支払い手続きのキャンセル・停止手続きでお金を支払わずに済む場合があるのですが、現金の場合はそうした手続きをとることはできません。

そのため、てるみくらぶから直接返金してもらえる可能性は低く、されたとしても旅行費用の1%ほどしか返ってこない可能性が高いそうです。

ライク・ア・泣き寝入り。

4.支払いをストップしたらクレカの与信に傷がついちゃうのでは?

正しく抗弁権を行使できた場合に限り、クレカの与信に傷がつく(延滞として扱われる)ことはありません。

5.まとめ

旅行会社へ予約する場合、クレジットカードを使って分割払いにしておいた方が何かあったときに戻ってくる可能性が高い!

分割払いで価格は少し高くなっても、リスクは低くできるので海外や長い旅行に行くときは検討してもいいかも!

クレジットカードで旅行費用を支払えばポイントが貯まる!
(↑申し訳程度のポイント要素)


▼お得に旅行をしたい方はこちらをご覧ください
旅行に関する記事一覧

▼クレジットを作りたい方はこちらをご覧ください
クレジットカードに関する記事一覧

関連する記事

じゃらん20万ポイント山分け
じゃらんnetで旅行予約をするならどのポイントサイトがおトク?【ランキング】
行き先はお楽しみ?!「どこかにマイル」で新・旅スタイル!

ポイントのつぼ