投稿日:2017.3.27 | 投稿者:松子

WAON(ワオン)カードの使い方まとめ~チャージ方法やお得な利用方法とは?~


WAON(ワオン)カードの使い方とチャージ方法
「WAON(ワオン)」は、イオングループが提供する電子マネーです。

現金を「WAONカード」にチャージしてWAON提携店の支払いに使えます。さらに、お買い物で貯まったポイントも電子マネーにチャージすることができるポイントサービスです。

この記事では、WAONカードのチャージ方法や、WAONカードのお得なキャンペーン情報をゲットする方法を詳しくご紹介します!

1.WAONにチャージをする方法は4つ!

WAONは、発行した時点では電子マネーがチャージされていないので、お金をチャージしてから使えるようになります。

▼まだ作っていない方はこちらの記事をご覧ください
WAON(ワオン)の作り方まとめ~手数料無料&お得に作る方法とは~


WAONにチャージする方法は4つ!それぞれの特徴を見ていきましょう。

チャージ

1-1.現金をチャージ!

すべてのWAONカードに現金でのチャージできます。

注意すべきは、「1,000円単位でのチャージしかできない」という点です。1回のチャージで最大29,000円までで、お釣りは現金で受け取ることができます。

お会計時にレジでチャージする際は店員さんに口頭でお願いしましょう。残高が足りない時にすぐにチャージすることができるのでとても便利です。

店内にある水色の「WAONチャージャー」、紫色の「イオン銀行ATM」でもチャージできます。

現金チャージ

1-2.クレジットカードからチャージ!

クレジットカードからWAONカードにチャージする方法です。手持ちの現金がないときに重宝します。

ただし、チャージできるクレジットカードが以下の11種類と限定されてしまっているので、そのクレジットカードを持っていなければチャージできないのがデメリットです。
  • WAONカードプラス
  • イオンカード(WAON一体型)
  • G.Gイオンカード
  • モバイルWAON(クレジットカード登録が必要)
  • JMB WAON、モバイルJMB WAON
  • (JALカードのクレジットカード登録が必要)
  • イオンJMBカード(JMB WAON一体型)
  • 三井住友カードWAON
  • VJAグループ加盟各社発行のWAONカード
  • JP BANK カード WAON
  • 吉野家WAON(イオンカードが必要)
  • スポーツオーソリティWAONカードプラス

また、現金でのチャージ同様、1,000円単位でのチャージしかできないことにも注意しましょう。チャージできる端末は、WAONチャージャー(miniを除く)、WAONステーション、イオン銀行ATM、WAONネットステーション(ICカードリーダライタが必要)、モバイルWAONです。

モバイルWAONが簡単ですね。

▼カードの種類についてはこちらの記事をご覧ください
WAON(ワオン)の作り方まとめ~手数料無料&お得に作る方法とは~

1-3.イオン銀行からチャージ!

イオン銀行に口座を持っている方は、イオン銀行の口座から以下のWAONカードに直接チャージすることができます。
  • イオンカードセレクト
  • イオンバンクカード

イオン銀行のATMやWAONネットステーションからチャージすることができますが、WAONネットステーションからチャージするには、「ICカードリーダライタ」が必要となりますので、なかなか面倒に思う方は少なくありません。

1-4.オートチャージ!

WAONカードの残高が、自分で設定した金額よりも少ない場合に、あらかじめ設定したクレジットカードから自動的にチャージされる方法です。

対応しているWAONカードは以下の13種類、オートチャージの設定や解除などの手続きができるのはWAONステーション、イオン銀行のATM、WAONネットステーションの3か所のみとなります。
  • WAONカードプラス
  • イオンカード(WAON一体型)
  • G.Gイオンカード
  • イオンカードセレクト
  • イオンバンクカード
  • モバイルWAON(クレジットカード登録が必要)
  • JMB WAON、モバイルJMB WAON
  • (JALカードのクレジットカード登録が必要)
  • イオンJMBカード(JMB WAON一体型)
  • 三井住友カードWAON
  • VJAグループ加盟各社発行のWAONカード
  • JP BANK カード WAON
  • 吉野家WAON(イオンカードが必要)
  • スポーツオーソリティWAONカードプラス

オートチャージ

お買い物のたびに残高の確認をしなくて済みますし、面倒なチャージをする必要もないので、かなり使い勝手はよくなります。

その反面、残高の確認などをする手間がないので、使いすぎてしまうというリスクも考慮しなければなりません。水色のシンプルなポイントカードは利用できません。

2.オートチャージの設定方法は?

オートチャージを設定する方法は3つあります。

それぞれの手続き方法を確認しましょう。

2-1.WAONステーションでの設定

WAONステーションでの設定手順は以下の通り。

1.「各種設定・変更」をタッチ
2.「オートチャージ設定・変更」をタッチ
3.WAONカードを所定の場所へ置く
4.「申請」をタッチ
5.オートチャージ利用規約が表示されるので、内容を確認し「承諾する」をタッチ
6.オートチャージ金額を設定
7.入力内容の確認
8.オートチャージするクレジットカードを挿入
 ※クレカ一体型WAONなどはこの手順は必要なし
9.クレジットカードの暗証番号を入力
10.クレジットカードの返却
11.WAONカードに設定内容がインプットされる
12.WAONカードを受け取る
13.オートチャージの設定が完了!
  レシートを希望する場合は「レシート」をタッチ
14.レシートを受け取る

もっと複雑なのかと思いきや、意外と簡単でスムーズに手続きが完了します。

時間にして3~5分程度。

忙しい方や機械操作が不安な方でも簡単にできます。

2-2.WAONネットステーションでの設定

WAONネットステーションでの手続き方法になります。

ICカードリーダライタが必要となりますので、ICカードリーダライタをお持ちの方限定の手続き方法です。

1.「各種変更手続き」をクリック
2.「申請」をクリック
3.画面の指示に従い、WAONカードをICカードリーダライタへかざす
4.オートチャージを行うクレジットカードの情報、オートチャージの設定金額などを、画面の指示に従って入力
5.入力内容の確認
6.「設定する」をクリック
7.オートチャージ手続き完了!

ICカードリーダライタがあれば、自宅でも簡単に手続きすることができるので便利ですが、購入するにもお金がかかります。

なので、WAON以外の電子マネーでも、同じような手続きをする方のみ購入すればいいのではないでしょうか。

WAONネットステーションのその他の使い方はこちら

2-3.イオン銀行ATMでの設定

イオン銀行のATMでは、WAONステーションと同じように操作することで、オートチャージだけでなく、ポイントチャージやクレジットチャージ、ポイントダウンロードなどのサービスが利用できます。

手続き方法は、WAONステーションと同様です。

3.貯まったWAONポイントの使い方は2つ!

お買い物などで貯めたWAONポイントを利用するには2通りの方法があります。

3-1.電子マネーWAONにチャージ!

貯まったポイントをWAONにチャージして、電子マネーとして利用することができます。

WAON循環

1ポイント=1円として使うことができますので、WAONをチャージする前に、どのくらいのポイントが貯まっているか確認するようにしましょう。

WAONにポイントをチャージするには、以下の端末やアプリで手続きできます。

WAON電子マネーチャージ

3-2.提携先ポイントに交換!

提携先のポイントに交換することができます。

交換レートは、100WAONポイント=90Suicaポイントとなり、交換手数料として10WAONポイントが必要になります。

Suica

100WAONポイント単位での交換が可能ですが、手数料がかかる分、Suicaに交換するメリットはあまりないように感じます。

今はまだSuicaにしか交換することができませんが、今後交換できるポイントが増えてくれれば、それだけ使い勝手が良くなりますね。

4.お得なキャンペーン情報を知るには?

WAONに関するお得なキャンペーン情報は、WAON公式サイトで確認することができます。

WAONキャンペーン

常時10種類ほどのキャンペーンが同時に開催されていますので、このサイトを見てからお買い物に行っても遅くはありませんし、よりお得にお買い物ができるのでオススメです。

さらに、お買い物をする上でのお得情報も満載です!

5.まとめ

WAONは、使えるお店がたくさんありますので、かなり使用頻度は高くなりますよね。

公式ホームページからお得な情報を仕入れ、その情報を有効活用しながら、WAONポイントをどんどん稼ぎましょう!

オートチャージ機能なども簡単に手続きできるのでオススメです!


▼WAONについてもっと知りたい方はこちら
WAONに関する記事一覧

関連する記事

ポイントのつぼ