投稿日:2017.1.17 | 投稿者:チャッピー

お財布.com交換先一覧~会員ランクや交換手順も紹介~


お財布.comの交換先一覧です。お財布.comは会員ランクが3つあり、かんたん会員はコインの交換ができません。各会員の定義を確認しましょう。交換レート、交換手数料、最低交換額、交換日数を表にしました。交換手順とあわせてチェックしてください。

お財布.comの登録はコチラ

1.ノーマル会員、かんたん会員、ライト会員のちがい

お財布.comは3種類の会員ランクがあり、それぞれ微妙なちがいがあるので、前もって確認しておきましょう。


 ノーマル会員かんたん会員ライト会員
利用料金無料無料無料
登録メールアドレスキャリアのメールアドレス不要PCのメールアドレス
PCサイトの利用
スマホサイトの利用×
ポイント交換×
お友達紹介×


「ノーマル会員」とは、docomo、au、SoftBankの携帯電話3社が提供するガラケーやスマホのキャリアメールで登録した方を指します。スマホ登録の場合はさらに、発信可能な電話番号も必要です。ノーマル会員は、友達紹介やポイント交換などお財布.comのすべてのサービスを利用できます。

「かんたん会員」はスマホからの登録のみで、docomo、au、SoftBankの電話番号があれば登録が可能です。WILLCOM、イー・モバイル、Y!mobileでの登録は認められていません。かんたん会員はコイン交換ができず、コイン交換したい場合は、キャリアメールを登録して、ノーマル会員にアップグレードする必要があります。

かんたん会員は、コイン交換以外のサービスをすべて利用できます。一度ノーマル会員にアップグレードすると、かんたん会員には戻れません。

お財布コインはサイト内のゲームで使用するなどの、交換以外の使い道がありません。いずれはアップグレードしなければならないのであれば、最初からノーマル会員で登録した方がいいでしょう。ただし、お財布.comの利用が自分に合っているかのお試し期間としてはアリ。

「ライト会員」は新規登録時は選べず、ノーマル会員がダウングレードするとなります。たとえば携帯電話を解約して一時的にキャリアメールを使用できないときでも、友達紹介などの一部サービス以外は継続して利用できます。キャリアメールを使用できなくなったノーマル会員の救済手段だと考えてください。

ライト会員にダウングレードしてしまうと、本来友達紹介によって還元されるコインが無効になり、新たに友達紹介することもできなくなります。しかし、ふたたびアップグレードすればノーマル会員になり、紹介した人数も以前の数に戻ります。

2.交換先一覧

お財布.comの交換先は全部で15種類。サイト上の仮想通貨「お財布コイン」は、1コイン→1円相当のレートで交換できます。最低交換額は300円で、手数料は電子マネーを中心に無料の交換先がほとんど。また24時間即時対応の交換先が多いのもおおきな特徴です。

2-1.プリペイド

「POINT WALLET VISA PREPAID」は、お財布.comと、同じくセレスが運営するモッピー、モバトクで貯めたポイントをチャージして、全国のVisaカード加盟店舗で現金同様に使えるプリペイドカード。1コイン→1円、手数料無料、最低交換額100円の条件で交換できます。交換予定日は2日以内です。

お財布.com交換先 プリペイドカード

POINT WALLET VISA PREPAIDは、ネットショッピングでもリアル店舗でも世界中のVisa加盟3,800万店で購入した金額の【0.5%】が還元され、そのポイントを使ってショッピングができます。

POINT WALLET VISA PREPAID 使用イメージ

クレジットカードとほぼ同等の機能をもちながらも、プリペイドカードであるため与信審査がなく、だれでもいつでも発行できます。入会費・年会費だけでなく、交換手数料も無料です。最低交換額も100円なので、貯めたコインを効率よく交換できるのもメリット。

お財布.comを経由してネットショッピングをして、その決済にPOINT WALLET VISA PREPAIDを使えば、ポイントの二重取り、三重取りができます。つまり、ショッピングサイト、ポイントサイト、POINT WALLET VISA PREPAIDそれぞれにポイントが貯まる仕組みです!

POINT WALLET VISA PREPAID 三重取り

とはいえ、還元率2.0%のLINE Payカードなど他に優秀なプリペイドカードがあるなか、あえてPOINT WALLET VISA PREPAIDを使う理由がないのも事実。お財布.com、モッピー、モバトク3つのポイントサイトのポイントを手数料なしで換金したいとき限定の使用がオススメ。

2-2.現金

お財布.comは全国金融機関と楽天銀行で現金化が可能です。

お財布.com交換先 現金

※1 平日9:00~14:59にかぎって即時交換。上記時間以外は翌営業時間に繰り越しです。

金融機関コードをもつ全国の銀行、ゆうちょ銀行、信用金庫、農協、その他の口座で、※1にあるように平日の9:00~14:59のあいだは即時換金ができます。交換レートは1コイン→1円、手数料150円、最低交換額300コインとなっています。

お財布.comが換金できるネット銀行は、楽天銀行です。ネット銀行のため24時間対応で、すぐに手持ちのコインを現金にかえることができます。最低交換額300コインは全国金融機関と一緒ですが、交換手数料80円は約半額とお得です。

2-3.電子マネー

電子マネーの交換先は、楽天Edy、WebMoney、Suicaポイント、WAONポイント、nanacoポイント、BitCashです。

お財布.com交換先 電子マネー

表記はさまざまですが、1コイン→1円が基本です。交換手数料はすべての交換先で無料。交換予定日はnanacoポイント以外、即時の交換。最低交換額の300コインは共通。以上の条件から考えて、電子マネーはお財布.comでの有力な交換先になるでしょう。

楽天Edyは、お財布.comで人気のコイン獲得方法が楽天市場のショッピングであるため、とくにオススメ。お財布.comを経由して楽天市場でショッピングをし、決済方法に楽天Edyを選択するだけでポイントが二重、三重に貯まる好循環を生みだします。

楽天Edy

2017年1月17日現在、BitCashとの交換は中止されています。

2-4.ポイント・ギフト券・マイル

お財布コインは、Tポイント、Amazonギフト券、iTunesギフトコード、LINEポイント、ベルメゾン・ポイント、JALマイレージバンク、Vプリカと交換できます。ポイント・ギフト券・マイルは、交換レートや交換手数料、最低交換額、交換日数すべてがバラバラなので要チェックです。

お財布.com交換先 ポイント

ポイント・ギフト券・マイルは、以前はなかったAmzonギフト券やLINEポイントが加わり、サービスの充実が図られている分野。ただし、Amazonギフト券やiTunesギフトコードは、すこしお得に交換できるポイントサイトが多いこと、LINEポイントは交換レートが割高なうえに交換手数料もかかってしまうことに注意しましょう。

3.交換手順

お財布.comのコイン交換手順はわかりやすい印象。TOP画面の上部中央「お財布コイン交換所」から実際の交換をはじめましょう。

お財布.com交換手順 TOP画面

次ページにすすむとセキュリティ保持のため、合言葉の確認があります。新規登録時に決めた「質問」と「答え」を記入してください。もし合言葉を忘れてしまった場合は、生年月日と携帯電話またはPCのメールアドレスを入力しましょう。登録先のメールアドレス宛に、合言葉が記載されたメールが届きます。

お財布.com交換手順 合言葉の確認

ただし、合言葉のメールでの再通知は、携帯電話のメールアドレスにかぎられます。PCのメールアドレスしか登録していない方は、「お問い合わせフォーム」から問い合わせする必要があります。

ためしに全国金融機関で換金してみます。

「金融機関名」「支店名」「口座番号(半角数字7桁)」「口座名義(全角カタカナ)」と、「交換するお財布コイン」の情報を入力し確認するだけで交換手続きは完了!

お財布.com交換手順 全国の金融機関 交換先の情報

電子マネーと交換する場合はお手持ちの番号、ポイントサイトの場合は会員認証がそれぞれ必要です。

4.まとめ

お財布.comには3種類の会員ランクがありますが、コインを交換するには結局、キャリアメールでの登録が必須です。電話番号だけで登録できるかんたん会員はコインの交換ができません。貯めたコインを交換するには、ノーマル会員へのアップグレードが必要です。

POINT WALLET VISA PREPAIDの登場により、お財布.comは最低交換額100コイン、手数料無料での換金が可能になりました。全国金融機関と楽天銀行ではほぼ即時で交換できるものの、手数料がかかってしまいます。

POINT WALLET VISA PREPAIDは他のプリペイドカードにポイント還元率の点ですこし引けをとりますが、入会費も年会費も無料なのでコイン交換用にもっておいてもいいかもしれません。

電子マネーは手数料無料・即時交換が基本なので、貯めたコインの価値を損なうことなしに換金できてオススメ。同様に、使い勝手の良いAmazonギフト券とiTunesギフトコードも手数料無料・即時交換できます。

関連する記事

ポイントのつぼ