投稿日:2016.12.13 | 投稿者:チャッピー

Gポイントの交換先一覧~お得な交換先はコレだ!最大20%還元も!~


Gポイント交換先
Gポイントは交換先の数が多く、最低交換ポイントも低めに設定されています。交換先は120種類以上もあるので、どれに交換しようか迷ってしまいます。そこで、一番気になる”ポイントの価値”が増量するのか、等価なのか、減量するのかで分けました。

交換先のジャンルからレート、手数料、交換日数までポイント交換するときの優先度は、ひとによって大きく違います。また、交換するだけでポイント増量する期間限定キャンペーンもあるので、交換する前にチェックしましょう。

1.ポイント増量!

1-1.無条件にポイント増量

交換するとポイントが増量するものを集めました。手数料が0%のため、超お得です。ミニストップやiTunes Digital Cardなど日々の暮らしで使えるものから、電子マネーのNET CASHまで。GDOゴルフショップにいたっては、交換するだけでなんと20%もポイントが加算されます!

Gポイント交換先の表 ポイント増量

※1 取り扱い金種
 ・  98G→100円分(コーヒーSサイズ)
 ・ 106G→108円分(ビッグアメリカンドッグ)
 ・ 127G→130円分(フランクフルト)
 ・ 135G→138円分(フローズンヨーグルト)
 ・ 194G→198円分(クランキーチキンうま塩味)
 ・ 216G→220円分(ソフトクリーム各種)
※2 取り扱い金種
 ・  98G→100円分(MACHI caféドリンク)
 ・ 147G→150円分(ウチカフェプレミアムロールケーキ)
 ・ 212G→210円分(からあげクン各種 ※からあげクンとの交換は2017年1月頃に休止します)

1-2.条件付きでポイント増量

Amazonギフト券に交換する場合も98G→100円とポイントアップですが、交換手数料が5%かかってしまいます。100円分のAmazonギフト券と交換するには、98Gに5%をかけた4G(小数点以下は切り捨て)が余分に必要です。つまり実際の交換レートは【102G→100円】。このままだと損してしまいます。

Gポイントの交換先 条件付きでポイント増量

し・か・し、Gポイントは「手数料還元サービス」があります!Gポイントの対象ショップやサービスを利用すると、一部ポイント交換のときに必要な手数料が戻ってきます。交換申請の前月1日から4か月後の末日までに1回でも利用すればいいので、それほどハードルは高くありません。

Gポイント 手数料還元サービス

たとえば12月に申請した場合、11月1日から4月30日までに対象サービスを利用すればOK!つまり、ポイント数に関係なく半年に1回ペースでポイントを獲得していけば、手数料の還元対象になります。交換手数料還元の対象サービスかどうかは、図で赤く囲った部分の〇×で判断してください。

Gポイント 手数料還元サービス

ショッピングやレジャーの有料サービス以外にも、無料でできる対象サービスがあります。スマホアプリをインストール、ホットペッパーグルメでネット予約、食べログに口コミ投稿は簡単にできそう!

対象サービスにはショッピングから

Gポイント 手数料還元サービス ショッピング

レジャーまで

Gポイント 手数料還元サービス レジャー

無料でできるものも揃っています!

Gポイント 手数料還元サービス 無料

手数料還元サービスを活用すれば、Gポイントはお得にAmazonギフト券と交換できるんですね♪

2.等価でポイント交換

2-1.等価交換

交換レートが等しく手数料が0%の等価交換先を集め、あいうえお順に並べました。

Gポイント交換先の表 等価交換

※3 一部の商品を除いて、タリーズカードの決済で1杯につき【10円割引】で購入できます。
※4 ピーチカクーポンへの交換は交換ポイントが上がるにつれて割高になります。
 ・  100G→100円分
 ・  500G→600円分
 ・ 1,000G→1,300円分
このように1,000Gだと【30%アップ】になります。ピーチカクーポンと交換する場合、ポイントを貯めてからの方がオススメです。
※5 夜間0:00~2:00は除きます。
※6 JTBホームページやJTBグループのお店で使用する場合、1ポイント=1円です。
※7 当日18:00までの交換申請で翌日午前中に交換されます。
※8 1ポイント=0.1円

2-2.寄付・募金

Gポイントはユニセフをはじめとした各種慈善団体に1G=1円から募金できます。

Gポイント交換先の表 寄付・募金

たとえば「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」に15円寄付すると、ミャンマーの子ども1人に栄養たっぷりの給食を配布できるのです。最低交換ポイントに満たない端数などは、募金するのも一案でしょう。

▼募金・寄付について詳しくはこちら
端数だって立派に役立つ!募金・寄付ができるポイントサービス

※9  2017年3月28日16:00頃までの期間限定です。
※10 2017年3月30日16:00頃までの期間限定です。

2-3.条件付きの等価交換

手数料はかかりますが、Gポイントの「手数料還元サービス」を利用して等価になる交換先を紹介します。

Gポイント交換先の表 条件付きの等価交換

※11 毎月15日までの交換申請で翌月11日に、毎月16日以降は翌々月11日にGポイントからメトロポイントに交換されます。
※12 当日15:00までに交換申請すると、翌日午前中にGポイントからnanacoポイントに交換されます。

さらに!2017年7月31日から、GポイントからPontaポイントへの交換が開始しました!上記の交換先と同じく、手数料は通常5%です。

Gポイント→リクルートポイント→Pontaポイントという面倒なことをせずに、直接交換できますね。2017年10月31日まで手数料無料のキャンペーン中です!

ポイントサイトの「交換手数料・換金手数料」ってなに?

3.ポイント減量

交換するとむしろポイントが減るものです。ただし、現金や金券、QUOカードなど使い勝手の良い交換先が多いのが特長です。

Gポイント交換先の表 ポイント減量

※13 1ポイント=約0.87円換算
※14、15、16 各種金券の配送予定は、ポイント交換後1週間以内です。また、初回交換時に送付先住所の登録が必要です。
※17 ただし、JQポイントからGポイントへ交換する場合は、等価で交換できます。
※18 QUOカードの配送予定は、ポイント交換の後1週間以内です。また、初回交換時に送付先住所の登録が必要です。

4.マイル、マイレージ、ワールドプレゼントなど

マイルやマイレージ、ワールドプレゼントなど、ポイントと円の換算ができない交換先です。

Gポイント交換先の表 マイル、マイレージ、ワールドプレゼント

 ※「ワールドプレゼント」とは、三井住友カード発行のクレジットカードを利用すると貯まるポイントサービス。1,000円ごとに1ポイントが貯まり、そのポイントは景品や他のポイントと交換できます。ただし、独自のポイントサービスを採用している提携カード、または一部法人カードはポイント対象外となりますので、ご注意ください。

たとえば1マイルがいくらになるのかは、路線や距離、ファーストクラスとエコノミークラスのどちらに搭乗するかなどで大きく差が出ます。損をしないように交換してください。

5.Gポイントの交換手順

Gポイントを交換するには、TOP画面右上にある「つかう」→「ポイント交換」をクリックします。

Gポイント交換手順 TOP画面

画面左からポイントの交換先を選べます。「Gポイントを交換」「他ポイントから交換」「即時交換」の大カテゴリーと、「旅行・マイル」「くらし」「本・CD・DVD」などの小カテゴリーがありますが、交換先が多すぎてどこに何があるかわかりにくいです。あらかじめ目途をつけておいて、検索したほうが便利でしょう。実際にAmazonギフト券と交換してみます。「Amazonギフト券」のアイコンをタップ。

Gポイント交換手順 交換先

画像にあるように、交換レートが一目でわかります。「即時」「UP」などの役立つ情報は赤く強調されています。

Gポイント交換手順 交換レート

「交換手数料」「ポイント交換単位」「最小交換量」「交換完了日」その他の注意事項をチェックしたら、「交換する」にすすみます。

Gポイント交換手順 交換レート

GポイントまたはBIGLOBEのIDでログインし画像認証したら、100、500、1,000、2,000、5,000、10,00円の単位でAmazonギフト券の種別を選びます。

Gポイント交換手順 Amazonギフト券種

注目してほしいのが、手数料還元サービスの「対象/対象外」です。ここを確認すると手数料がポイント還元されるかどうかわかります。交換申請のときに対象外でも、交換したあとで対象サービスを利用すれば、手数料がポイントで戻ってきます。

Gポイント交換手順 手数料還元サービス 対象/対象外

ポイント交換時はなりすましや不正防止のため、電話認証で本人確認する必要があります。050からはじまるIP電話や海外の電話は利用できません。初回にかぎり手続き完了後7日を目安にして、Gポイントに登録したメールアドレス宛にAmazonギフト券番号の記載されたメールが送られてきます。2回目以降は即時交換です。

Gポイント交換手順 電話認証

交換履歴を見るには、TOP右上「会員メニュー」→「ポイント通帳」をクリックしてください。「ポイント交換」を開くと、過去6ヶ月の利用履歴が一覧になっています。自分がポイントを何に使ったかを知りたいときや、もしポイント交換が完了しないなどイレギュラーが発生したときは、このページを確認してください。

6.キャンペーン中の交換先

いまGポイントからニッセンとベルメゾンへポイント交換すると、どちらも10%分のポイントがプレゼントされる期間限定キャンペーンを実施中。ポイント二重取りができて、狙っていた冬服が安く買えるかも?※キャンペーンは終了しました。

▼おトクなキャンペーン情報を知りたい方はこちら
キャンペーン情報に関する記事一覧

▼ポイント交換について知りたい方はこちら
ポイント交換に関する記事一覧

6-1.ニッセン

2016年9月1日(木)11:00~2017年2月28日(火)23:59にかぎり、”Gポイントからニッセンお買い物券へ”交換できます。”Gポイントからニッセンお買い物券へ”の交換は、キャンペーン期間限定。しかも【10%】分の増量で、500Gが550ポイントに!もちろん手数料は一切なし。

ニッセンは200円につき1円分のTポイントが貯まるので二重にお得です。期間中は何度でもポイント交換できます。この期間にファッションやインテリア商品を購入するなら、ニッセンのサイトチェックは必須ですね。

6-2.ベルメゾン

2016年11月4日(金)0:00~2016年12月22日(木)23:59の期間、”Gポイントからベルメゾン・ポイントへ”交換するとキャンペーンの対象に。交換申請が完了した時点で、【10%】分のベルメゾン・ポイントをプレゼント。

またベルメゾンはポイント二重取りできます!ベルメゾンで購入金額200円ごとに1ポイントが、またGポイント経由で購入金額の【0.5%】が受け取れます。

Gポイント交換先 キャンペーン ベルメゾン・ポイント

期間中は何度でもポイント交換でき、通常のポイント加算のあと10日以内にプラス分がプレゼントされます。通常とボーナスとでは別々のポイント加算になります。

7.まとめ

Gポイントの交換先を一覧にした結果をまとめてみます。

期間限定のキャンペーンを含めて、交換するだけでポイントがプラスされる交換先がGポイントには多く存在します。まずはかなりお得なこの項目からチェックしたいですね。

一番多いのは等価レートでの交換先です。グルメからファッション、エンターテイメント、電子マネーまで、使い道が豊富です。手数料が有料の場合でも、対象サービスを年2回ペースで利用すれば、1年間を通して実質手数料フリーで交換できることがわかりました。

ただしGポイントは現金化には不向きです。ほとんどの銀行で手数料がとられてしまいますので、ほかのポイントサービスに交換する方がお得みたいですね!

関連する記事

ポイントのつぼ