投稿日:2016.11.28 | 投稿者:チャッピー

LINE Payカードはコンビニでも作れる!作り方からチャージ方法まで!


いまやLINEは、日本人のほとんどが登録するコミュニケーションツール。そのLINEが「LINE Payカード」というプリペイドカードを出しているのをご存知でしょうか。

年齢制限や入会審査がない気楽さ、入会費・年会費が無料、利用ごとに購入金額の【2%】がポイントとして還元されるお得さから注目度が上がっているLINE Payカード。先日からコンビニで買ってその場ですぐに使えるようになりました。

さらに現在、コンビニでの販売開始を記念したお得なキャンペーンを実施中。いろいろとオイシイLINE Payカードの30秒で終わる申し込み方法や、実際のチャージ・決済のやり方を、基本からわかりやすく解説します!

1.LINE Payカードとは

LINE Payカードとは、LINEが発行するプリペイドカードです。SuicaやPASMOなどの電子マネーと同じように、事前にチャージした金額から購入金額が引き落とされます。チャージ限度は10万円まで。コンビニやスーパーはもちろん、国内外のJCB加盟であれば店舗でもネットでも利用でき、その加盟店の数は3,000万以上!カラ館やGEO(ゲオ)でも使えるから普段使いにもバッチリ。

LINE Payカード JCB加盟店一例

LINE Payカードは、原則としてJCBのクレジットカードと同様に使えますが、JCB加盟でも高速道路や公共料金、保険料など毎月固定の支払いに対しては利用できない場合があります。また、スターバックスのオンライン入金など、JCBの本人認証サービスが必要な一部ネットショッピングでも使えません。

入会費と年会費は無料で、プリペイドカードなので年齢制限と入会審査がないのも特長。クレジットカードと違って、審査が通りにくい学生でも持てます。

セキュリティ面の対策は万全で、「第三者による不正利用」によってユーザーが損害を受けた場合、代わりにLINEが10万円まで保証する制度があるので安心ですね。

LINE Payに加入している友だち同士であれば、銀行での手続きなしに、入金したり送金依頼を送ったり、飲み会などの会計をLINE Pay上で割り勘することもできます。キャッシュレスで利用できるLINE Taxiというタクシーの配車サービスもあり、忘年会シーズンにうってつけかも(笑)

 ※ LINE Payは2017年1月24日から、コード決済をローソン(ローソンストア100、ナチュラルローソンを含む)限定で開始しました。LINE Pay上に表示されるQRコードをレジで店員さんに見せるだけで、現金・カードレスでお買い物ができる便利な機能です。コード決済の開始を記念して、2017年1月24日から2月28日まで、コード決済をはじめて利用すると【100円】分のLINE Pay残高をゲットできるキャンペーンを開催しています。以下の記事にくわしく書いてあるので、あわせてチェックしてください!

LINE Payがローソンでコード決済を開始!100円もらえるキャンペーンも開催中。→2/28まで

LINE Payカードの魅力は、クレジットカードのように支払期日を気にする必要がなく、電子マネーのように利用できる店舗が限られておらず、デビットカードよりもポイント還元率が高いことです。これを機に登録しても、けっして損はしません!

LINEポイントに交換できるポイントサイトまとめ!どのサイトで貯めるのがおすすめ?


▼「Gポイント」は、LINEポイントに交換できます!登録はこちらから
Gポイントに登録する

2.LINE Payカードの作り方

2-1.店頭から直接申し込み

LINE Payカードは全国のコンビニやドラッグスストアの店頭で取り扱いを開始しました。以前は、LINEアプリ上の[LINE Pay]ページから登録したあと、カードが届くまでに1~2週間程度かかりました。店頭購入の場合だと、利用開始手続きを行えば、その場で利用を開始できます。

ただしアプリ版とは違って、カードのデザインは店頭販売用の1種類のみ。今後増えることに期待!

レジで購入するとき、1,000円から10,000円までのチャージ金額を選べます。LINE Payカードの基本的な使用方法はいままでと変わらず、何度でもチャージ可能なプリペイドカードです。

LINE Payカード コンビニ店頭販売用デザイン

11月22日(火)から全国のファミリーマート約12,000店、11月29日(火)から全国のローソン約13,000店で取り扱いが始まります。続いて12月中旬以降、ミニストップ、スリーエフ、ポプラ、コミュニティ・ストアなどのコンビニ他、ツルハグループ(ツルハドラッグ、くすりの福太郎、ウェルネス、ウォンツ、レディ薬局)に範囲がひろがる予定です。

現在LINE Payカードの店頭取り扱いを記念して、期間限定のキャンペーンを行っています。

LINE Payカードを店頭で購入し、登録手続きをしたユーザー全員が、【120円】分のLINE Payポイントを受けとれます!6,000円分ショッピングしたのと同じですね。2016年12月31日(土)までです。

キャンペーンに応募できるのは1人1回まで。また、登録日によってポイント加算の日が異なります。


LINE Payカード登録日ポイント付与日
16年11月22日(火)~11月30日(水)16年12月7日(水)
16年12月1日(木)~12月10日(土)16年12月16日(金)
16年12月11日(日)~12月20日(火)16年12月27日(火)
16年12月21日(水)~12月31日(土)17年1月6日(金)


実際に申し込んでみましょう。早速、ファミリーマートに行ってきました!

LINE Payカードはコンビニで、iTunesカードやAmazonギフト券などの電子マネーと一緒に販売されています。LINEストアのみで使用できる「LINEプリペイドカード」と並んでいることが多く、デザインも似ているので、注意しましょう。

LINEプリペイドカードとの違い

初回時は、1,000円から10,000円までの金額をレジで店員さんに伝えてください。1,000円以上は1円単位でチャージできます。

ここからはLINEのアプリ上で利用開始手続きを行うので、スマホやタブレットを用意してください。LINE Payカードを購入したこの段階では仮登録で、まだ利用はできません。

4つの手続きで完了!すぐに終わります。

 ・ QRコードの読み取り
 ・ 利用規約の同意
 ・ パスワード設定
 ・ カード裏面の数字を入力

購入したLINE Payカードには、QRコードが印刷された紙が同封されています。このQRコードを読み取り、LINEアプリ上で登録をすすめます。LINEの友だち追加用のリーダーでは読み取りができず、別途QRコードリーダーが必要です。お持ちでない場合、事前にダウンロードしておいた方がスムーズでしょう。

QRコードを読み取ると、LINEのアプリに移動します。まずは利用規約の同意。[LINE Cashアカウント利用規約][クレジットカード利用規約][プライバシーポリシー][LINEユーザー情報提供ポリシー]の4つの利用規約を一読しましょう。同意できたら、[次へ]をタップ。

LINE Payカード 利用規約

次にパスワードを設定しましょう。パスワードは決済や送金するときに必要です。6桁の数字を入力してください。同じ数字や連続する数字、2種類以下の数字の繰り返しは使用できません。

LINE Payカード パスワード設定

最後に、セキュリティコードの入力をしましょう。LINE Payカードの裏面に印字されている数字の末尾3桁がセキュリティコードです。これで登録手続きはコンプリート!レジでチャージした5,000円が反映されてます。

LINE Payカード セキュリティコード入力

LINE Payカード チャージ画面

2-2.スマホアプリから申し込み

LINE Payカードはスマホ版のLINEアプリからも登録できます。カードのデザインを選び、ユーザー情報を入力するだけで登録は完了します。ただし上記のように、登録からカード到着まで、約1~2週間は見ておいた方がいいでしょう。

i PhoneでもAndroidでも基本的な流れは変わりませんが、PC版には対応していません。

LINE Payカード申し込みの手順は3つ。これも簡単です!

 ・ カードのデザインを選ぶ
 ・ 姓名を入力
 ・ 住所を記入

実際にLINE Payカードの利用開始手続きをすすめます。まずはLINEアプリを立ち上げ、LINE Payを選択しましょう。

LINE Pay LINEアプリ上の場所

カードのデザインは全部で6種類。シンプルなものからかわいいものまで、一通り揃っていますね。その中から1つを選んで、[次へ]をタップしてください。

LINE Payカード デザイン

次にユーザーの姓と名を入力しましょう。さらに、郵便番号と住所を登録し、[確認]ボタンを押してください。最後に、6桁のパスワードを設定します。店頭で申し込んだ場合と同じように、同じ数字や連続する数字、2種類以下の数字に繰り返しは設定できません。

これで登録は完了! あとはカードが届くのを待つだけです。

カードが届いたら、アプリ上のLINE Pay画面から[カード受取後の利用開始手続きはこちら]から、手続きを完了してください。カードの裏面に記載のセキュリティコードの末尾3桁を入力するだけ。これは店頭購入の場合と一緒ですね。

3.LINE Payカードの使い方

3-1.チャージの方法

LINE Payカードを使うには、チャージ残高が必要です。チャージ方法を確認しておきましょう。
4つの方法があります。

 ・ コンビニ
 ・ Pay-easy
 ・ 銀行口座
 ・ オートチャージ

LINE Payカード チャージ方法

もっとも簡単なのは、ローソン(ナチュラルローソン、ローソンストア100でもOK)の店頭で、直接チャージする方法です。レジでLINE Payカードを渡しチャージする金額を伝え、現金を支払うだけというもの。あとは店員さんが手続きしてくれます。

国内の全店舗24時間いつでも対応で、チャージ金額の上限は49,000円(1,000円以上は1円単位)です。

ローソン以外のコンビニでは、LINEアプリを起動する必要があります。まずはLINE Payから、[チャージ]⇒[コンビニ]ボタンを押しましょう。チャージ金額を入力し、[チャージ]をタップ。受付番号と予約番号が発行されます。あとは実際にローソン、ミニストップ、ファミリーマート、サークルKサンクス、セイコーマートいずれかに行き、店舗に設置してある端末からチャージしてください。

Pay-easyの場合も、コンビニでの操作と同じです。[チャージ]から[Pay-easy]に行き、チャージしたい金額を入力します。すぐにお客様番号が画面に表示されるので、あとはPay-easy対応のATMやインターネットバンキングで手続きします。

銀行口座を登録すれば、アプリ上でいつでもチャージができます。LINE Payの画面から[チャージ]、[銀行口座]へ。契約中の銀行を選び、姓名、生年月日、口座番号、支店名などの口座情報を入力し、[口座振替申込]をします。これで銀行口座の登録は済みました。あと先ほどと同様、[チャージ]で希望金額を入力するだけで口座から引き落とされます。

銀行口座を登録していると、オートチャージの設定が楽ちんです。LINE Payのページ上で[オートチャージ]にすすみ、[オフ]から[オン]にするだけ!続いてオートチャージが起動する条件を決めます。条件は2つ。「チャージ残高が~円を下回る場合、~円をチャージする」の~部分に自分に合った金額を入力しましょう。

「残高不足で決済できなかった」「チャージする時間が面倒」といったプリペイドカードによくある不満にも対応できます。ただし、自動的にチャージされるので、使い過ぎにはくれぐれも注意してください(笑)

3-2.決済の方法

LINE Payカードは、JCB加盟であればオフラインでもオンラインでも使えます。利用方法はいたって簡単です!

店舗の場合、クレジットカードと同じようにJCBカードで支払う旨を伝えましょう。店によってはサインを求められます。ただし、クレジットカードとは異なり分割払いはできず、1回払いのみとなります。

インターネットショッピングの場合、決済方法から[クレジットカード払い]を選び、LINE Payカード表面に印字されてあるカード番号と有効期限を入力してください。店舗と同様、支払いは1回払いのみです。実際に試してみたところ、決済すると同時に引き落とし金額と付与予定ポイントが通知されました。

LINE Pay Team 通知画面

4.LINEポイント秋祭り開催中!

2016年11月24(木)11:00~11月30(水)23:59の期間、LINE Payカードは、もらえるLINEポイントが通常の2倍になるキャンペーンを行っています。通常LINE Payカードは 100円ごとに【2ポイント】が貯まりますが、いまだけ100円ごとに【4ポイント】がゲットできます!

参加資格はいつもと同じようにLINE Payカードで支払いをするだけ。通常のポイント(2%分)とは別に、12月末に【キャンペーンポイント(+2%分)】が加算されます。ただし、キャンペーン対象は、購入金額100万円までです。

前回の夏祭りの開催は7月末でした。4ヶ月に1度の大チャンスをぜひ有効活用してください!

追加情報です。2016年12月23日(金)0:00~2017年1月9日(月)23:59の期間、「年末年始の大大大お買い物祭」キャンペーンを実施中!秋祭りと同じく、通常の2倍【4%】のポイント還元を実現。ぜひチェックしてください!

LINE Payカードが【ポイント2倍】の「年末年始の大大大お買い物祭」を開催!→1/9まで

5.まとめ

LINE Payカードは、ファミリーマートをはじめコンビニでの取り扱いがはじまり、さらに利便性を増しました。日常の支払いをカード払いにすることで手間が省ける上に、すべての購入金額の2%還元、しかも入会費・年会費タダなのだから、登録を拒む理由がない!

ただし、LINEポイントの交換先は慎重に選びたいところ。手数料はバカになりません。現状は、現金と同様に使えるLINE Payへのチャージが賢い選択肢のようです。また、LINEポイントの効率的な貯め方は、LINE Payカードを決済に用いる方法です。


▼「Gポイント」は、LINEポイントに交換できます!登録はこちらから
Gポイントに登録する


▼LINEポイントのお得情報まとめはこちら
LINEポイントに関する記事一覧

▼LINEポイントの貯め方はこちらの記事をご覧ください
【LINEポイントの賢い貯め方】LINE Payカードとポイントサイトを活用しよう!

関連する記事

Google Play ギフトコードに交換できるポイントサイトまとめ!等価以上のお得サイトはどこ?!

ポイントのつぼ